演奏会

2016/04/25 Mon 01:01

昨年、参加してみて技術面では全体的に音が弱い、という点が気になったので、
今年は大ホールでもきちんと聞こえる音を出すことを心がけました。


夜までお手伝いがあり、結局写真が撮れたのも、15部以降、4人で精いっぱいでした。

IMG_0850 - コピー


IMG_0855 - コピー


IMG_0858.jpg


子供は、「最高峰のピアノを弾く」、ということは稀な体験ができました。
このピアノに触れた子たちは、得るものが多かったに違いありません。



子供たちにとっても有益でしたが、3名のピアニストの先生方から頂く講評が私にとっても、
すごく勉強になることばかりです。


どの先生も的確なアドバイスで、私が意識がそれていた部分を修正して頂いた感じが
あります。

また新納先生の講評は、素敵な表現で生徒の長所を指摘して頂いて、しかも、それが
お世辞ではなく、


「演奏を通じて子供の性格を言い当てている」感じ。
お見通し、です。(;´・ω・)






                           ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪



ステップに出る生徒さんは、わりとフツーに習っているお子さんが対象ですが、
中にはコンペティションに出るレベルの子もいて、刺激的でした。


「アスリート系競技・ピアノ」について考える機会にもなりました。
     ↑
勝手に私が作った名前


うちのクラスはもともと「Enjoy・ピアノ」でやっていて「競技・ピアノ」について深く考えていませんでした。


それは自分が子供の時にそんなにハードにピアノをやっていなかったから、かな




「Enjoy・ピアノ」でやっていくにしても、どのようなビジョンを掲げているのか、
もっと明確にしてもいいかな?と思いました。



そう考えると自分は、生徒さんが


「音楽との関わりが一生続く」、ことが一番だと思っている気がします。


20代過ぎるとになると結婚、子育て、仕事で女性はとにかく多忙になりがち。
日々は雑用だけで過ぎていき、気が付くと彩のない殺伐した生活になっているかもしれない。


本人や家族が、仕事のストレスや思いがけない病気になることがあるかもしれない。


あるいは、世の中が理不尽なことだらけで虚無感を感じたり。


でも、そんなとき1日20分でもピアノを弾いたりできれば、きっと心が浄化されたり、
癒されたりすると思います。


だから、小中学生の習い事でおしまいにするのではなく、形を変えてもずっと続けて
ほしいし、音楽がライフスタイルになることが一番です。



アートや芸術に親しむことが何気ない日常を豊かにするように、生涯、音楽がそばにあり、
自分が楽器を演奏できることで、


それが心の支えであり、生きていく糧になれば、と思っています。




                          


ところで・・・多くの講評の中で高評価を得たのは「Jazzy」な曲でした。


変わった曲を探すのが最近の楽しみになってきちゃったんです。*゚。+(n´v`n)+。゚*



                            
「最初のフレーズに緊張感があり、魅了されました!」
「よくスイングできていました。」
「ウラ拍の取り方がうまい。」




え!そこ?(*☻-☻*)










スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

録音練習で効果テキメン

2016/04/14 Thu 01:07

とある人と話していて

トトロの森のキジ
うちで飼っているキジです。と言っても良いほど、いつも一緒にいる野生のキジ。
今日もトトロの森をふつうに横断していました。




「ステップお本番前に、仕上がりいまひとつの場合補講レッスンってしないんですか?」

と聞かれたので、

「特にしていないです。」

と私。



「3カ月も同じ曲を練習していて、本番前になってもまだ危ない演奏をしている、となると
本人がきちんと取り組んでいないからですよね?

例え失敗しても、そこから学んでもらいます。

練習をさぼっていると、結果どうなるのか。

小さくても本人が自分の演奏に対して責任を取る、ということを学ぶんです。」




現在、ステップに参加する子たちは、録音、録画をして

「録音に耐えられるくらい練習をしてきてください。

自分の演奏を聴いて、ぎゃあ~っと言っているうちは人前には立てません。

録音を何度も聴いて、修正を繰り返して『やっとマシになったかな?』と思えたら
なんとか人前で演奏できるレベル。」

と言って、練習中に録音し、聴いて、また練習をしています。


百聞は一見にしかず、で、自分の演奏を客観的に聴くのは、
先生があれこれ言っても治らない部分に関して、テキメン効果があります。



実際、その録音を聴いた子たちは、

「自分の演奏、ヘタクソだった!」

と言って、すごく聴いて修正を繰り返した子が、見事な演奏をするように
なっていました。




録音練習って意外と面倒なのですが、これを推奨するのは、自分で実験して成果が
あったからです。

                     ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

最初に録音を試したのは、小6くらいのとき。
録音機能のあるラジカセというものを初めて見たときです。(古い?)

ピアノの練習を試しに録音して1回聴いて、「ヤダ~、もう最悪」と思って、
そのままレッスンにいったところ、先生に

「すごいうまくなっている!一体何をしたの?!」

と絶賛されて、こちらが大・大びっくりしました。

それで「録音って、もしかしてすごい?」

と思ったわけです。


自分を客観的に見るって、痛い事実だけど・・・磨かれるものなのですね。



そして最近、大人数のバンドの本番前、試しに録音してみたところ、全体を通して
16beatのバッキングが0.2cmくらいズレているという事実が発覚して青ざめました。


そのときはメンバーもコンマスも誰も注意してくれる人がいなかったので、あやうくズレたまま
本番に出るところだったのです。


それに、よく聴いていると、音がフワフワしていて、パンチがなくバッキングの意味がない。
という部分を補強していったところ、他のバンドの方から


「あの曲、かっこよかったですよ。さすがにフュージョンが好き、というだけありますね。」

と言われてホッとしたことがあります。



今は、簡単にスマホで録音できる時代。

録音練習、オススメです。


「成功から学ぶものはありません。失敗から学んでください。」


と自信満々げに言っている私ですが、当日は冷や汗ダラダラで、見守るしかない、
心臓に悪い一日となるに違いありません・・・はぁ心配・・・。










未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015/11/16 Mon 01:11

22日は秋の一大イベント「呉市秋の文化祭」の演奏会に参加します。


ほぼ最後の練習、ということで17人くらいが集まりました。


今回はゲストが4人参加されるのですが、いつも中だるみしている曲もゲストさんが
入られると演奏が引き締まり、きれいにまとまっているので、とても驚きました。


上手な人が入ると違うな~・・・*゚。+(n´v`n)+。゚*


毎年常連の方が仰るには
「スイングエースさん、毎年、だんだん曲が難しくなっていくね。ついていけなくなりそう。」

なのだそうです。

サルサ2曲、スイング2曲、バラード1曲という構成になっています。


懐メロをアレンジしたものもあり、ジャズになじみがない方でも聴きやすい内容に
なっているかと思われます☆彡





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

ひと休み + +

2015/11/12 Thu 10:48

冬の花


脳内科学に関心があって、まだ独学中なのですが、本で読んだこと、セミナーで
勉強したことを生徒さんとシェアすることがあります。


大きなステージで緊張してしまい、「リハで震えが来て大ミスして・・・どうしよう~~(*☻-☻*)」みたいな
悩みを聞きます。


実は私も、そういうタイプ。


「緊張さえなければ」→「ソロさえなければ」→「ステージさえなければ」と変な思考に陥りやすい。


しかし生徒さんたちはピンチなので、自分のことはさておき、学んだことを自分なりに解釈して、
イメージトレーニングの方法をお伝えしています。


すると、どういうわけか皆が「ノーミスだった!」

という声を聞くので、これはもっと研究の余地があるかもしれない・・・と刺激を受けます。


やはり子供の脳は素直で柔らかく、創造も豊かなので言葉がスッと心に入って
いくみたいです。


その素直さと想像力のたくましさこそが成功しやすい秘訣かな、と感じます。


そんなに簡単に成功するのなら、さて自分に置き換えてみよう、とは思いますが、
大人の脳は、様々な経験が逆に邪念になったりするものです。


まだ駆け出しで、半端なことも書けないのですが。


でも、学べば学ぶほど、

「考え方しだいで出来事の意味は変わる。」

「自分はこういう人間だ、とさっさと決めつけない」


ことが大切かな、と思うようになってきました、


自分が健全で、エネルギーが高くなることで、生徒さんにプラスを与えられるように
なりたい、と思うこの頃です。


                  ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

先日のブログの下にピアニスト小林愛実さんの情熱大陸のリンクを貼ったのですが、
そういえば・・・と思い、もう1つ私がリピ中の情熱大陸を貼らせていただきます。

スタイリスト菊池京子さん→
情熱をもって生きている人は、カッコイイ!*゚。+(n´v`n)+。゚*



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

リラックス・クラシック

2015/08/12 Wed 01:46

canonでIXYで、カトレアを撮ってみた


昨日の「たけしの医学」で、疲労を回復についての番組だったので注目して見てました。

副交感神経を優位にするために
(リラックスした状態を作るため)


①1人の時間を作ること
②クラシック音楽を聴くこと


というのが挙げられていました。


モデル(モニター?)の奥様の実験によると、家族が居る状態でリラックスできない状態なのに、
ご主人がクラシック音楽をかけたとたんに、副交感神経が急上昇しているのを見てびっくり。


それにしても驚異的な上がり方・・・そうとうリラックスされてたんだと思います。


暑さで体調を崩しやすいこの私。


大好きなジャズも、具合の悪いときにはあまり流す気になれません。


でも、無音よりは軽くクラシックがかかっているほうがリラックスし、うたたねまでできるので、
その点については実験済みなので深く納得。



毎夏、バテやすい時期に来ると、クラシックを聴く時間が増えてきます。
なんだか、アロマというかクスリ的な活用法で、音楽も生活の一部っていうんでしょうか。



好きなアーティストなら何でも良いと思いますが、個人的にはモーツァルト
シンフォニーあたりが一番おススメです。


いつもはitunesのネットラジオで聴くのですが、こんな感じです。
これ聴きながら、この文章を書いている時点ですでに頭の芯がボーッとしてきました。


モーツァルト自身は、サヴァン症候群という障害をお持ちの方で、「アマデウス」という
映画を観る限りでは、一緒に居てリラックスできる人・・・という雰囲気ではないのに、楽曲は・・・。


                 ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪



休日の朝にも、クロワッサンと共に朝食時にいかがでしょうか?
リラックスムードなブレックファストになりますよ。



・・・と、いつも書いていますね。






未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »